• ホーム
  • クラミジアにはミノマイシンも効果的

クラミジアにはミノマイシンも効果的

黄色の錠剤と瓶

ミノマイシンはクラミジアなどの治療で利用されていて、アメリカ・ファイザー社が開発・製造した抗生物質です。
ミノサイクリン塩酸塩というテトラサイクリン系に属する物質を成分にしています。
古くから抗生物質として用いられていて、ミノマイシンが属しているテトラサイクリン系の医薬品でしか殺菌することができないような細菌が存在しているので、ミノマイシンはさまざまな現場においてよく利用されています。
ミノマイシンは2週間服用することによって、クラミジアの病原菌である細菌を死滅する効果を発揮することが可能です。

生き物にはたんぱく質を合成するリボゾームと呼ばれている器官があり、通常処方薬になるのでクリニックで検査したり診察を受けることになります。
ミノマイシンが有効であると分かれば次回からはネット通販で医薬品を購入することで、時間やお金を節約することができリーズナブルな価格でクラミジアなどの治療を行うことが可能です。
更にコストを抑えたい人はミノマイシンのジェネリック医薬品である「ディバイン」がおすすめで、正規品のジェネリック医薬品になるので同じ成分で同じ効果を得ることができます。
ディバインは安価でクラミジアなどの治療を行うことが可能です。

クラミジアなどを頻発するような人はミノマイシンを家に常備しておくとすぐに治療することができます。
細菌も人と同じく生き物になるので、生きていくためたんぱく質を作り出すことは不可欠でリボゾームを保持しています。
ミノマイシンのようなタンパク質合成阻害薬と呼ばれている抗生物質は、リボゾームの働きを阻害し細菌細胞を破壊するという効果があります。
人と細菌ではリボゾームの構造が少し違うのでミノマイシンを服用しても人のリボゾームは影響を受けません。
ミノマイシンが属するテトラサイクリン系抗生物質はセフェムやペニシリン抗生物質において効果のないクラミジアといった性感染症に有効で、特に高い殺菌効果があるとされています。

ミノマイシンにはニキビ予防の効果も

ミノサイクリンを使ってニキビを治すことが可能です。
但し、すべてのニキビに対しミノサイクリンが有効的というわけではなく、ミノサイクリンは感染が起こっているニキビだけに有効となります。
毛包に皮脂が詰まり状態が悪化するとアクネ菌などが繁殖し、感染を持つニキビになります。
中等症や重症などが対象になりますが、軽症のニキビなら塗り薬が良いでしょう。
目安として膿を持つニキビが10個以上あるような場合、ミノサイクリンといった抗菌薬を使用すると効果的です。
ミノサイクリンは幅広い感染症に対し有効的で抗菌薬は必ず使って良い場面が決まっており、ミノサイクリンの場合は表在性皮膚感染症や深在性皮膚感染症、リンパ管やリンパ節炎、慢性膿皮症などがあげられます。

どのような薬でも副作用があり、当然ミノサイクリンも副作用が存在します。
主な副作用として例えばアナフィラキシーショックやじんま疹、顔・のどの腫れや冷汗、手足のしびれや血圧の低下、息苦しさなどです。
必ず決められた用量を決められた間隔においてミノサイクリンを服用しなければいけません。

大人の投与量は決められていて、1回100mg飲むようになっています。
1日に2回服用し、処方された用量を必ず守りましょう。

抗菌薬を利用する期間も重要で、クリニックを受診した際医者にどのくらい飲むのか確認し守るようにします。
症状がましになってくるとつい薬を飲むのをやめることがありますが、決められた期間を飲まないと再発するリスクがあります。
服用する際に気をつける薬剤や食品があり、アルミニウムやカルシウムといったミネラルを多く含む薬剤や食品などを摂取した後にミノサイクリンを服用すると吸収が良くないので注意が必要です。