• ホーム
  • クラミジアは薬で予防や治療できる?

クラミジアは薬で予防や治療できる?

両手で持っている薬

クラミジアは性感染症のなかでも最も患者数の多い病気で、近年若者を中心に新規感染症者数が急造しています。
最近の報告では18-19歳の女性の10人に3人がクラミジア感染していると見られています。
20歳代になっても20人に対して3人と若者を中心に感染者数が多い事実を物語る数字です。
しかも女性感染者の実に5人に4人は自覚症状が無いとされており、無意識の内に感染を拡大させていると見られているのです。
クラミジアに感染しても治療せずに放置させておくと、感染範囲が性器から子宮や卵管まで波及すると卵管炎の原因となり、治癒しても卵管狭窄によって卵子の通過障害が生じて不妊症を引き起こすことも珍しくないのです。

これほどの増加を見ているクラミジアですが、性器粘膜に生息していることが多いため、主な感染経路は性行為によります。
粘膜であれば生存し繁殖することが出来るので口腔や肛門の粘膜接触を介しても感染するリスクがあるのは確かです。
そのため口腔粘膜にクラミジアが感染していればオーラルセックスによって口中感染すれば咽頭炎や扁桃腺炎などを引き起こし、感冒様症状が見られます。
しかも眼に感染すればトラコーマ(結膜炎)を発症させたり、妊娠中に感染すれば母子間の垂直感染によって、乳児のクラミジア肺炎を引き起こすこともあるのです。

クラミジア感染は同時にHIVの感染リスクを3-4倍になるとも言われています。
しかも粘膜の存在する場所であれば膀胱や肛門でも繁殖能を維持しながら感染し続けるので、性的接触をともなう行為であればオーラルセックスに限らず感染するリスクに警戒を払うべきです。
パートナーが一人でも感染のリスクは否定できませんし、たった一度の性行為でも感染するおそれは十分あります。

特に女性では自覚症状が乏しいですが、オリモノが少し増えたり、性器に軽い痒みや軽い生理痛のような痛みが出る場合があります。
咽頭クラミジアでは喉が腫れたり微熱などをともなうこともある訳です。

通販で買えるクラミジア治療薬

クラミジアは薬での治療を行うことになります。
細菌の一種であることから抗菌薬の服用を行なうことが治療の中心になるのです。
最も良くクラミジア治療に使用される抗菌薬は、マクロライド系抗生物質のジスロマックになります。
ジスロマックの特徴は一回の服用で治療が完了してしまうため、飲み忘れなどの弊害に注意を払う必要がない点にあります。
この点ジスロマック以外の抗菌薬では数日間忘れずに服用をする必要があるので飲み忘れてしまったり、症状が沈静化すると服用を中止しクラミジアが治癒しない恐れがあります。

これに対して、ジスロマックは一回の服用で済むにも関わらず、高い殺菌効果をもっており、日本国内でのクラミジア治療ガイドラインにおいても第一選択薬となってるほどです。
ただしジスロマックを服用後、1週間程度の期間は性行為等を避けるか、避妊具をつけることが必要です。
この期間はまだ感染部位でクラミジアが根絶しておらず、感染のリスクがあるからです。

これほど高い治療効果を持つジスロマックですが、国内で入手するには、原則として泌尿器科や性病科などを受診して処方箋を出してもらう必要があります。
しかしこのような医療機関を受診することには心理的抵抗感が高い方も多くいます。
もちろん、だからといって、一般的な大手の通販サイトでは、ジスロマックを入手することは出来ません。

そこで個人でジスロマックを入手するには、個人輸入代行を専門に取扱っているサイトを利用することで、処方箋を用意することなくジスロマックを入手することが可能です。
輸入代行サイトでジスロマックを購入しておけば、万が一再度クラミジアに感染した場合でも、速やかに治療することが可能になります。