• ホーム
  • ジスロマックジェネリックのアジーとは

ジスロマックジェネリックのアジーとは

悩んでいる男性

マクロライド系抗生物質であるジスロマックは、マイコプラズマ肺炎やクラミジア、歯周病など様々な細菌感染に対して効果があります。
抗生物質はウイルスに対しては効果がありませんが、インフルエンザに感染したときに合併症を予防する目的で処方されることもあるので、一度は服用したことがある人も多いかもしれません。

ジスロマックの有効成分であるアジスロマイシンは細菌のたんぱく質の合成を阻害して増殖を防ぎます。
細菌そのものを殺す効果のある薬と比較すると身体への負担が少なく、アレルギー反応も起こりにくい有効成分として知られており、ジスロマックには必要量を摂取すると効果が長時間持続し、薬の飲み忘れの心配なく治療ができるというメリットもあります。
薬の投与において飲み忘れは、完治が遅れてしまったり耐性菌が出現する可能性があるので避けなくてはなりません。

抗生物質にもいくつか種類があり、同じような効果を期待することができるニューキノロン系のクラビットと比較すると、ジスロマックのほうが副作用の発生報告が少なく、特に妊婦に対する影響が少ない点も評価されています。
しかしこうした薬品は薬局では購入することができず、必ず病院で処方箋を貰う必要があるため、簡単に入手できるものではないのです。
そこで検討したいのが、アジーのようなジェネリック医薬品です。
アジーは海外から個人輸入することもできるので、病院で診察を受けることなく手にすることができます。
近年ではアジーを通販で購入する人も年々増えています。
感染している症状から原因が何かわかっているような場合は個人輸入をしたジェネリック医薬品を使った治療のほうが、コストを抑えて効果を得ることができるでしょう。
個人輸入ではアジーの他にも様々な薬を購入することができるので、いくつか家庭に常備薬として備えておくのも、もしものときの備えとして安心できます。

家庭でアジーを服用する場合は、必ず薬に対する予備知識を持っておくようにしましょう。
抗生物質は2種類以上を同時に服用すると効果が薄れてしまったり、逆に効きすぎて身体への負担が大きくなり、副作用が出る危険性があります。
早く治そうとしてジスロマックとクラビットを同時に飲んだり、ジスロマックの効果が切れていない間にクラビットを追加で服用するのは良くないのです。
複数の薬を服用する場合は飲み合わせに関する知識を持つようにしましょう。

ジェネリックの安全性と安さ

値段が安い薬はなんとなく効き目が弱かったり、副作用が気になるものです。
しかしジェネリック医薬品に含まれる有効成分は新薬と同じものも多いため、効果は劣らないのです。
薬の開発には長い年月と実験、臨床試験などで大きなコストがかかっています。
1つの薬を完成させて世に出すためには、数年かかっており、開発に失敗してしまう薬も少なくありません。
そのため新しく開発された薬はこうした費用を価格に乗せられており、決して安くはないのです。

新薬は特許によって一定期間権利が守られますが、特許が切れた後は別の会社が同じ有効成分で薬を開発することができ、これがジェネリック医薬品(後発医薬品)と呼ばれます。
個人輸入できるジェネリック医薬品のアジーも、そのような薬の1つです。
有効成分であるアジスロマイシンが入っているため、新薬でもジェネリックでも成分に違いはなく、効果も同じです。
ただ開発コストが大幅に削減されていることから、値段が安いのがジェネリックの特徴です。
1つ1つ臨床試験が行われていますので、国内や海外でしっかりと認可が下りているものであれば使用しても問題はありません。
特にアメリカで許可を得るためにはFDAの厳しい審査を通過しなくてはなりませんので、国内で認可が下りていなくても安全な薬はたくさんあります。

有効成分が一緒であれば効果は劣らないので、安くても安心して服用することができます。
新薬にはネームバリュー、ブランド力といったメリットがありますので、どちらの薬を選択するかは個人の自由です。
薬局に処方箋を持っていくと、ジェネリックを勧められることもありますが、好きなほうを選択すると良いでしょう。
特に治療が長期間に及ぶような場合はジェネリックを選択したほうが治療費を抑えることができます。