• ホーム
  • 性感染症を持ちながら不特定多数と性行為するリスク

性感染症を持ちながら不特定多数と性行為するリスク

性感染症は性病とも呼ばれていて、あまりいいイメージを持たれていません。
性感染症にはたくさんの種類がありますが、その中でも有名なのがクラミジアや性器ヘルペス、梅毒です。
日本でもこれらの感染症にかかっている人は増えています。

性感染症になると性器にかゆみが出たり、痛みがあるなどの自覚症状が出るケースがほとんどです。
中には自覚症状がないままに進行するケースもありますが、中には自覚していても開き直ることで不特定多数の相手と性行為を続けてしまうこともあるようです。

しかし、性感染症は性行為をすることで相手に感染させてしまう病気です。
不特定多数の人との性行為をすることで、性感染症は広まることが分かるでしょう。
日本全土に広まる感染症も少なくありません。
最近は梅毒の感染が広がっていますが、性行為だけでなくキスをしただけで感染の可能性がある非常に感染力の強い病気であるという問題があります。

また、女性の場合はクラミジアにかかっても80%の人が無症状なので自分が性感染症にかかっていると気づくことができません。
相手の男性と性行為をすることで排尿時の痛みが出て初めて発覚するということがありますが、自分に症状がないと開き直る女性は多く、問題になっています。

性行為をするということは、性感染症にかかるリスクがあるということです。
その中でも、不特定多数の人と性行為をするということはリスクを上げる行為です。
性感染症にかかっていると、病院からは治癒するまでは性行為をしないように指導されます。
けれども、そもそも病院に行かない人もいますし、自覚症状があってもそのまま行為を続けてしまう人も多いです。

この行為はとてもリスクがあることで、現在のパートナーだけでなく、その前のパートナーなど周りに感染を広げることになります。
キスだけだからと安心するのではなく、常に性感染症に置ける注意を払わなければいけません。
そのための努力を男女が行う必要があります。

性感染症を防ぐためのポイント

性感染症は性行為を主にして感染が広がる病気ですが、防ぐことができます。
性行為をしないというのが1番の予防になりますが、まったくしないというのは難しく現実的ではありません。
そこで、性行為をする相手を限定することが大切です。
不特定多数の人としてしまうと、どこから感染したのかが分からないだけでなく、より多くの人に感染を広げてしまうからです。

できれば、パートナーとお互いに性感染症にかかっていないかを検査して、ふたりだけで行為を行うようにしましょう。
パートナーが1人であっても、自分が病気を治しても相手がそのままであれば、再び感染してしまいます。
もしかかってしまった場合は2人で治療することが大切です。

そして、性行為をする場合は必ずコンドームを使用しましょう。
コンドームは避妊具だと考えている人が多いですが、多くの性感染症は体液を介して感染します。
コンドームで直接性器同士が当たらないようにしたり、体液に触れないことは予防するうえで非常に大切です。
性器だけでなく、口で感染することもあるので、オーラスセックスの際にも使用しましょう。

また、注意するうえで、性行為の前にはシャワーを浴びて体についている病原菌を落としておくことも大切なポイントです。
爪が伸びていると引っ掻いてしまい血液を介して感染する可能性があります。
傷がつかない状態で性行為をするように注意して、生理中は血液が出ているので避けるようにします。

このように、日常生活で少し気を付けるだけで感染のリスクは大幅に減らすことが可能です。
体力が落ちている時は病気に感染しやすいので、性行為を避けたり、シーツなどの寝具は常に清潔にしておくということも大切です。