• ホーム
  • 無症状の性病は性病検査で見つけるしかない

無症状の性病は性病検査で見つけるしかない

性行為は恋人や夫婦の仲を深めるのに大事な行為ですが、時には感染が起きてしまうこともありますので、注意が必要です。
避妊具を使うなどである程度は性病の感染は防ぐことができますが、のどから感染する場合もあり、完全に防ぐことは難しいものがあります。
性病は恋人や夫婦間だけではなく、風俗店などで感染する可能性もありますが、感染していても、初期ではほとんど症状は出ないことも多く、それゆえ気づいていないという人も少なくありません。
性病も色々な種類がありますが、自然治癒するということは難しく、少しずつ悪化してしまうこともありますし、知らずの間に感染拡大してしまう可能性もあります。
何らかの異常や体調不良があれば気づくこともできますが、まったく無症状となると気づけない人が多く、時には重症化させてしまう例もあります。
性行為のあと、少しでも体調が変化したと感じた場合は検査を受けてみることがおすすめです。

無症状の場合は、本人は病気であるかどうかを判断するのは難しいですが、検査を受けておけば感染しているか、いないかをすぐに知ることができます。
性病になっていなかった場合はとりあえず安心できますが、もしも感染していた場合は早めに治療を行いましょう。
この場合は、パートナーもすでに性病になっている可能性がありますので、無症状であってもとりあえず検査を受けておくことがおすすめです。
性病になった場合も、どちらかだけが治療を行っても、パートナーが治療をしていない場合はピンポン感染が起こることにもつながり、お互いに病気をうつす、うつされるを繰り返すこととなり、いつまでも改善が得られなくなってしまいます。

性病はデリケートな悩みでもありますので、病院へ行くのに抵抗を感じる人もありますが、治療は主に投薬で行われますし、プライバシーも守ってもらえるので安心です。
まずは検査を受ける必要がありますが、病院以外ではどこで受けられるかも確認しておきましょう。

性病検査はどこで受けられる?

無症状で、本人が気づけない場合も検査をすることで病気であるか否かを確認できますし、本人の健康はもちろん、他者への感染拡大を防ぐことにもつながります。

まず医療機関では泌尿器科や婦人科で調べてもらうことができますし、外来の受付時間であれば予約なしでも対応してくれる医療機関も多くなっています。

その他には保健所で検査を受けることもできます。
クラミジアやHIVなども無料で調べてもらえることが多くなっています。

予約が必要なことが多く、平日に行われていることが多いですが、中には土日にも対応した保健所もあります。

保健所での検査のメリットとしては、匿名で検査を受けられるということがあげられます。
周囲に知られたくない、プライバシーを守りたいという人にはぴったりです。

より手軽な方法で検査を受けたいという場合は検査キットを活用するという方法もあります。
こうした検査キットは通販などで提供されており、自宅にいながらにして調べることができるのがメリットです。

自宅での検査は難しいというイメージもありますが、採尿や粘膜の採取だけで良いことも多く、落ち着いて行えば誰でも手軽に利用することができます。

郵送で検体を送るタイプは結果が出るまで数日程度必要となりますが、最近は自宅で結果を知ることができる簡易検査キットも販売されています。
検査キットも色々な種類がありますので、注文前にはどんな検査ができるのか確認しておきましょう。

いずれの検査を行った場合も感染が見つかったら早めに治療を受けることが大事です。
初期の場合であれば早期に回復できることも多く、治療費の負担も抑えることができます。

治療は勝手な判断で途中でやめたりせず、完治するまで、しっかりと続けていきましょう。